スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました!

おはようございます、KENです。

今日は寒いひな祭りになりそうですね。
週後半は真冬並みの寒さに逆戻り。気温の変化も大きいので、体調管理にはご注意下さい。


さて、私は2月末をもって、SEN西宮店の店長を終えることとなりました。
3月は引き継ぎ期間で、4月からは三宮店での勤務となります。

2009年1月からの2年2ヵ月。
自分色を出してきたつもりではありますが、引き継ぐとなるとやはりこの店やお客様に愛着があり、寂しく思います。
満足のいく結果には至りませんでしたが、スタッフやお客様に支えられ、助けられ、励まされ、感謝され、本当に意味のある期間を過ごせました。

このブログも今日で最後となります。
今までご覧いただき、ありがとうございました。
引き続き、SENのブログをご覧いただければと思います。
http://thai-massage.jugem.jp/

今月中は西宮店で勤務しておりますので、是非お顔を見せにいらしてください!

合掌
2008-12 1311
スポンサーサイト

ホリスティックヘルス vol.3

おはようございます、KENです。

ここ数日は春を感じる陽気が続いてますね。
昨日は久しぶりにガーデンズで映画を観て、西武庫公園で読書をし、湯の華廊でホッコリ。
リラックスした1日を過ごしました。


さて、前回に引き続きホリスティックヘルスについて。

「全体的 = 気の分野の積極的評価も必要」

タイ古式マッサージや鍼灸、指圧、湯薬、ヨガや気功のような東洋の伝統的医療法や長寿法、訓練法には気・プラナ等のよく似た概念や、それが流れる路のセンや経絡、ナディー、また様々な質のエネルギーを生み出すセンターや出入りする穴(チャクラや経穴)がでてきます。
しかしながら、現代の教育や医療などでは一切無視されているか、ほとんど低くしか評価されていません。
そのために「気の感覚」や「肚・丹田」などの東洋の英知が見失われています。
「肉体」ではなく、「気の身体」を相手にしているヨガや気功を、身体を動かしているから「体操」としか理解できない世界観が問題です。
気の身体の理解なしにはホリスティックヘルスの運動はありえません。
また、同じに見える行為でも物質でも、そこに「気心」がこもっているか、「良い気」が入っているかでまったく違ってくることは重要な問題です。

タイ古式マッサージではセンを刺激することによって気の流れを良くし、本来備わっている自然治癒力を高める効果があります。
是非、タイ古式マッサージを受けられる際には「気の身体」を意識して受けてみてください。

ホリスティックヘルス vol.2

おはようございます、KENです。

今日もスッキリ穏やかな天気ですね。
ベランダにある沈丁花ももうすぐ咲きそうで、春の訪れを実感できます。


さて、前回に引き続き、ホリスティックヘルスについて。

「全体的 = 心の分野の積極的評価が必要」

世界各地に残っており、今も行われ続けているタイ古式マッサージなどの伝統的医療法や健康法、長寿法などには、分析科学では説明のつかない効果があるものが多数あります。

物質的になんら薬効のあるものは存在していないものでも、それを服用すれば治ると信じて飲んだ人が良くなり(プラセボ効果)、逆に薬効が証明されているものでも疑っている人は治らなかったりします。

心がどのような状態であるかは、治病や健康に大変重要な役割を演じているにもかかわらず、どういう心をもてば病気が治るのか、健康になるのかといった研究はあまりなされておらず、心の能力についての積極的評価はされていません。

ヨガの説く感謝、懺悔、下座、奉仕、愛の心は癒しの心でもありますし、α波の出ている状態の心=深いリラックスや瞑想、くつろぎの状態は最高のものでもあります。
1日にどれだけ多くこの状態をつくれるかは、治病法のキーポイントでもあります。


そういった観点から、ヨガ&気功教室ではくつろぎのポーズの誘導に時間をかけています。
心身の相関関係や心の重要性、精神性の把握がホリスティックヘルスには重要となります。


続く。。。

ホリスティックヘルス

こんばんは、KENです。

寒さも和らぎ、春が近づいてきましたね!
明日もお出かけ日和で日向ではポカポカ春の陽気になるそうです。
ただ、この暖かさで花粉が飛びやすくなるので、マスクや薬などで花粉症対策を万全に。


今日は出勤前にヨガを受講してきました。
実は昨年1月から龍村修先生のホリスティック セラピカルヨガを月一で受講しているのです。

今回はホリスティックヘルスについて少しご紹介。

病気について。
西洋医学的には病が発症すればそれを治そうとします。
そのために治療を試みます。
しかしながら対処療法にすぎないため、治ったとしても原因の根本を改善できていないので、再発することになります。

東洋医学的には病が発症すればそれを正そうとします。
生活全体を修正することを試みます。
具体的には姿勢や動作、心の持ち方、食事、呼吸法などです。
結果はすぐには得られませんが、日々の生活を正すことで全体的健康を目指します。


全体的健康 = ホリスティックヘルス。
人間存在を身体、心、気、精神性、霊性などの有機的統合体ととらえ、社会・自然・宇宙との調和に基づく包括的・全体的な観点からみた「健康」を意味します。

包括的、全体的とは具体的にどういうことを意味するのか。
全体的とは部分にとらわれない視野を意味します。
たとえばある薬が痛みを発しているある臓器(部分)に良いように見えても、その薬を飲むことが他の臓器を害したり毒になって強いストレスとなる場合は、全体にとって悪いのと同じです。
得に近代薬には副作用がからみます。
薬を使う場合は、東洋や伝統医学のもともとの発想である生活改善の一環とした位置づけの中で、他の導引や呼吸法、気功法や手当て法と一緒に使うべきもので、薬の単独の力が病気を治すという発想は事実ではないし、危険が伴います。


続きはまた次回で!

雪山 六甲山へ

おはようございます、KENです。

今日はスッキリと青空が広がってますね。
こんなお天気日和な日には洗濯に限ります!


昨日、月曜日に積もった雪を堪能しに六甲山へ行って参りました。
自宅から見えるうっすらと白化粧した六甲山。
R0010453-1.jpg

白銀の六甲山は初めてでしたが、やはり世界が変わりますね。
こんな近場で雪山を楽しめるとは思いもつきませんでした。
R0010457-1.jpg

3時間かけて難なく山頂に到着。
天候は晴れを想定していたのですが、ガスで視界は今一。
お決まりの山頂でパチリ。
R0010462-1.jpg

山頂付近でラーメンを作って昼食を済ませ、ホッコリ、ポッコリ。
極楽茶屋跡から紅葉谷へと下るルートでアイゼン装着。
R0010467-1.jpg

今回のもうひとつの目的は氷瀑。

まずは百間滝。
R0010470-1.jpg

次に七曲滝。
R0010471-1.jpg
R0010479-1.jpg
R0010473-1.jpg

10日前には完全に凍結していたそうです。
氷瀑に雪が積もっていたこともあり、少し物足りなかった。
でも六甲山で氷瀑が楽しめるとは、なかなか素敵です!

そして疲れた身体には、やはり温泉&ビール。
これがたまりません!!

久々に休日を満喫したKENでした。
R0010481-1.jpg
プロフィール

SEN西宮店

Author:SEN西宮店
SEN西宮店のスタッフブログへ
ようこそ!

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
7936位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
990位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。